考えている女性
不安を持っている女性
落ち込む女性
更新履歴

「リウマチ」という言葉は、痛風や変形性関節症などのリウマチ性疾患を指す場合もありますが、一般的には関節リウマチを指します。
この病気は自己免疫疾患の一つで、体を守るための免疫が何らかの異常により健康な関節や骨を攻撃し、破壊してしまう病気です。
進行すると関節の変形が起こり体が動かしにくくなるため、日常生活が大きく制限されてしまいます。
女性がかかりやすい病気とされ、患者数は男性の5倍ほど。
30~50代で多く発症します。

リウマチの初期症状には何故気づきにくい?

リウマチはかつて、ゆっくりと進行する病気と考えられていましたが、発症後早い段階で関節破壊が進んでしまうことがわかってきました。
痛みが少なくても、気がつかないうちに関節破壊が進行していることがあるため、早期の発見、治療の必要性が高い病気です。
ところが、リウマチの初期症状は他の病気の症状と混同しやすく、気づきにくいため、なかなか早期治療に結びつかないことがあります。

リウマチの初期には、体のだるさ、微熱、貧血、体重減少などの症状が出ることがあります。
しかし、これらの症状はストレスや疲れ、風邪の症状と似ているため、見過ごされてしまうことも少なくありません。
また、そのほかの初期症状には特徴的な手指の腫れが見られることがあります。
指の関節部分が膨らんで糸巻きのような形に見えるため、紡錘状腫脹と呼ばれます。
指が腫れて入るはずの指輪がはまらなかったり、抜けなくなったりするため目立つ症状ですが、浮腫みや肥満の症状だと自己判断して、放置されることが多いです。

リウマチの初期症状の最大の特徴は、朝目覚めたときの指のこわばりです。
これは寝ている間に炎症を引き起こす物質が関節に集まってしまうことが原因で、日常の動作で関節を動かしているうちに全身に拡散されるため、時間経過でこわばりは解消されます。
指の曲げ伸ばしが困難な状態が1時間以上続く場合、専門医の診断を受けた方が良いでしょう。

他にも体の関節の3カ所以上に腫れが見られる、手首や手指の第2、第3関節が腫れるなどの症状があると、リウマチが疑われます。
リウマチの場合、関節の腫れは左右対称に現れることが多いとされています。
これは必ずしも同時期に起こるとは限りません。
右の関節の腫れが起こった後に、左側の同じ箇所に腫れが起こるというように、症状の現れる時期がずれる場合があります。

名前が似ているリウマチ熱とは?

名前がよく似た病気にリウマチ熱があります。
これは溶連菌と呼ばれる細菌の感染がきっかけで起こる全く別の病気です。
溶連菌の感染を繰り返すことでごくまれに発症する病気で、関節の痛みや発熱を伴います。
溶連菌を攻撃するための免疫が誤って脳や心臓、関節を攻撃する病気で、リウマチとよく似ていますが、リウマチ熱の患者さんの多くは学童期のお子さんのため、明確な区別が可能です。

微熱やだるさの症状が出た場合、内科を受診する人がほとんどですし、関節に症状が出て初めて接骨院や整形外科に行きつきます。
ところがリウマチの初期症状は整形外科医でも気づきにくいため、別の疾患と診断されてしまうことがあるのです。
少しでも疑わしい症状がある場合、専門の知識のある医師にかかることが望ましいです。

リウマチの原因は解明されていない

リウマチは未だ原因が解明されていない病気で、残念ながら根治治療には至っていません。
しかし、この病気を発症した人は免疫が正常に働いていないことがわかっているため、その原因を探ろうという研究が進んでいます。
遺伝子の異常やウイルス、細菌の影響、あるいはこれらの複合的要因から引き起こされるのではないかと考えられており、今後の研究の進展によっては根治治療も夢ではないかもしれません。

直接的な発症原因が特定できていないリウマチですが、妊娠や出産後、更年期の女性が発症しやすいことから、女性ホルモンの変動が関係していると考えられています。
また、喫煙の習慣がリウマチ発症の危険因子だということが近年わかってきました。
一日一箱のたばこを20年間吸っている人は、発症のリスクが2倍に膨れ上がるというデータもあります。
さらに、喫煙の習慣は治療薬の効果を低下させるだけでなく、脳梗塞や心筋梗塞など、リウマチの合併症を発症するリスクも高めてしまいます。

リウマチの炎症を悪化させる遺伝子として、新たに発見されたのがシノビオリンです。
もともとは不良タンパク質を選別し、分解する働きがあるため、健康には欠かせないものですが、シノビオリンの働きが強すぎると、サイトカインと呼ばれるタンパク質が増えすぎてしまいます。
サイトカインが軟骨や骨の細胞に結合すると炎症が悪化し、関節の破壊が進行するのです。

シトルリン化タンパクという物質も、リウマチを引き起こす原因になると考えられています。
シトルリン化は、尿素回路の酵素によってアルギニンがシトルリンに変化することを指しますが、リウマチの患者さんの場合、関節滑膜で多くのシトルリン化タンパクが見られます。
リウマチの検査で行われる抗CCP抗体検査は、血中のシトルリン化タンパクの抗体の有無を調べることが目的です。
抗体が作られるということは、シトルリン化タンパクが産生されている証左に他ならないためです。

なぜ、過剰なシトルリン化が起こるのか、長らく謎とされてきましたが、近年研究が進み歯周病菌の関連が報告されています。
歯周病菌の一種であるポルフィロモナス・ジンジバリス菌が、シトルリン化を起こす酵素を生み出すことがわかったのです。
つまり、歯周病菌の作る酵素によって過剰なシトルリン化が起こり、これに免疫が異常な反応を示すことで、リウマチを引き起こすきっかけになると考えたのです。

リウマチは遺伝する?

リウマチの発症に遺伝子が関係していることは、基礎研究の進展によって複数の原因遺伝子が発見されたことでわかってきました。
誤解されがちですが、これはこの病気が遺伝病だという意味ではありません。

一卵性双生児は遺伝子が完全に一致しているため、一人がリウマチを発症した場合、その兄弟の発症率は100パーセントになるはずです。
しかし、実際の一卵性双生児の発症率は10~30パーセントです。
このことからリウマチの発症に遺伝子が深く関係しているのは確かですが、遺伝的要因だけで発症するものではないということがわかります。

私たちは多くの遺伝子を持っていますが、遺伝子疾患には遺伝のしやすいもの、しにくいものがあります。
単一遺伝子による疾患は一つの原因遺伝子が遺伝することで起こるため、遺伝しやすい疾患です。
反対に原因遺伝子が複数あるものを多因子遺伝疾患と呼びます。
これは複数ある原因遺伝子のうちいくつかを持っていることに加えて、生活習慣などの環境要因が影響していると考えられています。
リウマチはこちらに属すると考えられており、遺伝が発症の決定的な要因とはいえないのです。

リウマチを引き起こす環境要因として、大きな影響を及ぼすものに喫煙があります。
リウマチの原因遺伝子を持った人が習慣的に喫煙すると、発症率が8倍に跳ね上がるという報告があります。
3親等以内にリウマチの患者さんがいる場合、喫煙による発症リスクを念頭に置くことが大切です。
また、歯周病菌が原因物質を作ることもわかっていますから、口腔ケアの重要性も再認識しましょう。

お子さんがいる世代の方や、これから家族を作る世代の方は遺伝を気にされるかもしれません。
確かに先天的な発症リスクは遺伝しますが、大切なのは後天的な発症要因である生活習慣を改めることです。

新しい薬の開発で、リウマチの治療目標は痛みや腫れの症状を抑えることから、寛解を目指すことに変わりました。
寛解とは症状がほぼ消失し、病気をコントロールできている状態を指します。
つまり、薬によって多くの患者さんが発症前と変わりない生活を目指すことができるようになったのです。
将来的にリウマチの原因遺伝子の研究が進めば、早期の発症リスク診断も可能になるでしょう。
リウマチの治療は日々進歩しています。
根治治療に向けて、さらなる技術の飛躍が期待されます。